バナー

会議日程調整会議とスケジュール管理共有化

会議日程調整会議と聞かれると、一見しますと国際会議やシンポジウムの運営委員会の運営本部のようにも聞こえますがこれは実は、ある企業の係長を集めて定例の営業会議の日取りを決めるだけの打ち合わせに過ぎないものであるのです。簡単に言えば打ち合わせの打ち合わせの様なもので大した会議ではないのです。

しかし、この日程調整会議の発起人は全員のスケジュールを聞いたうえで日取りを決めたいという親切心で開いた会議のつもりだったのですが、この会議の直前には出席者である各係長は所属係員全員の出張などの予定のヒアリングを行ったりと各係では下準備にかなりの負担になっていたのです。



この様などこの会社でも起こり得る非効率的な動きはスケジュールの共有管理で解消できるものです。
大抵の企業は企業体の傘下に部課係といった小単位を持つ構造で双方の連絡体制がよくないことがみられるため、先に紹介したような妙な会議を開かざるを得ない状況となっているものです。



このようなあまりよくない連携状況の改善にスケジュール共有管理は有効なルールとなって組織力の強化につなげることができます。

スケジュールの共有や管理と聞かれるとちょっと恥ずかしいと思われる方もおられるものですが、結婚記念日やお孫さんの学芸会の様なプライベートなスケジュールは別に記入しなくてもいいものですから、要は公的な予定のみの管理ですから恥ずかしいものではありません。

日本経済新聞の情報が沢山詰まったサイトです。

借りに記入をしても公開範囲の設定が可能のでご心配なく、そして予定表の共有で鬼上司の威厳がかすむことはありませんのでご安心ください。