バナー

スケジュール共有機能の使い方

グループで登録している人たち同士で利用することができるカレンダーの機能のひとつであるスケジュール共有は、名前の通り登録している人たちのそれぞれの予定をカレンダー機能の中で確認することができるようになっている機能であり、共有することができるスケジュールに関しても特に制限はないですし詳細情報も気軽に確認することができます。また、共有したくない情報や相手に関してはブロックすることができるので、グループ内であっても相手を制限して利用することも可能となっています。

そんなスケジュール共有機能の使い方としては、プライベートの場合であれば友人同士の約束の取り付けなどで利用されることが多いです。



特に約束を取り付けたい場合は相手の都合を確認して声をかけることができますし、相手がほかの予定を入れている場合はそれに参加してもいいかどうかと言う声かけも可能です。
また、社会人であれば同じ部署やプロジェクトチームのメンバーで共有することでお互いの仕事の進み具合を確認することができるようになっていますし、スケジュールの進み具合によっては手伝ってもらえるかどうか、または手伝った方がいいのかどうかという声かけをしあうことも可能となってきます。

Yahoo!知恵袋の専門サイトのこちらです。

それによって円滑なコミュニケーションを図ることが可能となりますし、結果的に作業の効率化を進めることができるので特に企業の中では重要視されている機能として重宝されていることが多いようです。